愛猫

皮膚・被毛が気になる成猫用キャットフード

猫の種類によっては皮膚が弱い子もいます。
もちろん人間と一緒でアレルギーを持っている子もいます。
皮膚の状態が悪くなると、被毛にもダメージを与えることが多いので、気を付けなければいけません。
皮膚にかゆみが出ていたりするとそこを舐めたり掻き毟ったりしてしまいますので、
被毛が抜けてしまうことのほか、皮膚を深く傷つけてしまう可能性もありますので、
日ごろから飼い主がしっかりとスキンシップを取りながら、猫の体調管理をしていく必要があります。

皮膚をかゆがり始めたら要注意です。
アレルギーの可能性を疑うことが第一か、あるいはノミなどがいる可能性もあります。
一度は必ずお医者さんへ連れて行く必要があるでしょう。
そのあとに、原因がはっきりすると思いますので、その原因に値するキャットフードへ切り替えてあげる必要があります。
ノミなどの場合には、お医者様から頂くお薬で治すことが出来ますが、アレルギーなどの場合には、
獣医師の先生から処方されるお薬のほかに、食事療法が必要になってきます。

アレルギー以外でも 皮膚の乾燥や毛艶の光沢がなくなってきた場合、
高品質なプロテインなどがしっかりと配合されたキャットフードで猫の皮膚や被毛を守ってあげることが大切です。
脂肪酸やビタミンなどが少なくなってくるとこのような症状が出ますので、
脂肪酸やビタミンがたっぷりと含まれている食事を与えるのがよいでしょう。
このような食事に切り替えるときでも、猫の良くないとされているマグネシウムをきちんと調整してあり、
なおかつ一日に必要な栄養素をしっかりと含んでいる
総合栄養食のキャットフードを与えることを忘れてはなりません。

色々と健康に配慮しながら、なおかつ毎日きちんと必要量を食べてくれるキャットフード探しは難しいことなのですが、
かわいい猫のために労力を惜しまず、
インターネットなどでは特に無料サンプルなどを送付してくれるお店などもありますから、
そのようなお店を探し、猫の健康に適したキャットフードを与えられるように配慮しましょう。

Menu