愛猫

食に繊細な成猫用キャットフード

猫ちゃんの中には人間とおなじで食の細い子もいます。
食べ物でも好き嫌いがある猫も多いのが現実的な問題です。
猫の一日に必要な栄養素が高脂肪で低線維質なものが必要です。
高脂肪な食べ物は 猫の活動エネルギーと、被毛の美しさを保つために必要で、
低線維質な食べ物は健康な胃腸を保つために必要になります。

これら以外にも、肉食動物の猫には肉も必要ですし、タンパク質や動物性脂肪も必要になってきます。
一日にかなりの栄養量が必要になってくるにもかかわらず、食が繊細な猫の場合、
必要なエネルギーを採取できない場合もあります。
出来るだけきちんと毎日食べ残さずに食してくれるキャットフードを探すということが第一条件で必要になってきますが、
それでもなかなか食べてくれないという子もいます。
また、小麦使用のキャットフードも考えものです。

ドライフードは硬いキャットフードですので歯の研磨作用があります。
猫の歯や歯茎の健康を考えるとドライフードを与えるのが一番効果的で健康にはいいのですが、
嗜好性の強い猫や食に繊細な猫は、ドライフードを食べない子が多いのも現実的です。
缶詰のキャットフードは、柔らかく、においも強いので、食べてくれる猫が多いです。
口当たりもよく、しっとりと滑らかに口の中に入るからだと思います。
ですから、食に繊細な猫ちゃんが好んで食べてくれるものというと、缶詰のほうが多いと思いますが、
この缶詰のキャットフードはコストパフォーマンス的には、あまりよろしくはないものです。
さらには、お留守番に不向きです。

この缶詰フードの場合には、ずっと置いておくということは不可能で、
30分くらいを目安に必ず捨てなければいけません。
ですので、食に繊細な猫ちゃんでも、なるべくドライフードで食べてくれるものを探す必要性が出てきます。
人間の生活スタイルがお留守番が多いようであれば、
必然的にドライタイプのキャットフードをあげることになると思いますので、職に繊細な猫ちゃんの場合には、
それを食べてくれないと健康を損なう恐れもありますので、十分に注意をしてあげる必要性があります。

猫ちゃんの好みと、どのドライフードの必要性があるのかを考えながら、キャットフードは慎重に選ぶようにしてください。

Menu