愛猫

長毛種成猫用キャットフード

猫の種類には被毛の種類に分けると2つあり、
被毛が短い「短毛種」と被毛の長い「長毛種」に分類することが出来ます。
長毛種の猫にとって、艶のある被毛を維持することは、たくさんの栄養素を必要とするのです。
更には猫の特色として、自分の体を舐めてきれいにするという特性があります。
この行動を猫がするときには、ザラザラした舌に猫の抜けた毛が付き、そのまま体内に入り込んでしまいます。

通常であれば、便の中に出ていくか、または嘔吐することによって吐き出します。
しかし、なかなかすべての毛玉が自然に外へ排出されることは難しいのです。
ですから、その体内に入り込んだ毛玉を体の外へ排出しやすくなるように考慮されたキャットフードがありますので、
そのようなキャットフードを与えるといいかと思います。

市天然食物繊維のセルロースを配合しているものが多く、
このセルロースがおなかの中で溜まってしまった毛玉を絡みとって、便の中へ排出することで、
毛玉がおなかの中に蓄積することを防ぎます。
もちろん、嘔吐することによって毛玉を吐き出すということもあるのですが、
もし排出されなかった毛玉が体内に残るとおなかにたまってきて大変なことになるというわけです。

短毛種の猫の場合には、ウンチにうまく排出されることも多いようですが、
長毛種になると、いろいろなところに絡まってしまう(体内においても同様)ので、
対策をしてあげる必要があるのだそうです。

この毛玉の対策をしているキャットフードは沢山市販されておりますので、
その中から猫が最も好んできちんと食べてくれるようなフードを探すようにしましょう。
また、毛玉対策のキャットフードにも、毛艶対策も同時にされている種類もたくさんありますので、
長毛種の猫を飼っている方は、猫の毛艶のことも考えてあげるといいでしょう。

値段が高価なものが絶対にいいとは限りません。
動物病院に相談をしてみるのもいいですし、ある程度の値段のものなどを食べさせてみたり、
またはネット販売などであれば、試供品などを無償提供してくださるところも
ありますので、いろいろ探してみるといいかと思います。
パウチタイプのキャットフードもどうぞ。

Menu